ぬくもり家族ロゴ      

    ぬくもり家族ロゴ    

新築からリフォームまでお気軽にご相談ください

新築からリフォームまでお気軽にご相談ください

金子建設は昭和2年創業横浜市磯子区を中心に
90年以上の実績をもつ地域密着の工務店です

お住まいに関するお問い合わせは
0120-704-870

屋根カバー工法

工期 :2週間

お客様より雨漏りを機に、既存の屋根材を剥さないで上から金属板の屋根を葺きたいとご相談がありました。

年数も20年経っており、一度塗装はしておりますが、汚れがかなり目立ちます。

屋根カバー工法Before

まずは、雨漏りの原因を確認です。和室天井より雨漏れがしていました。

 

屋根カバー工法Before

屋根に上がり、怪しいところの屋根を剥してみました。

 

屋根の頭頂部で棟違い(高さが違う)の所は、複雑な板金の加工がして有り、はさみを入れ過ぎが原因と判明しました。

 

漏水部分を防水テープ、防水紙にて補強し、上から屋根材を張ることにしました。

 

屋根の下葺き材(防水紙)には、耐久性に優れている改良アスファルトルーフィングを使用しました。

屋根材は、アイジー工業のスーパーガルテクトを使用。

 

ガルバリウム鋼板の上に遮熱性ポリエステル樹脂が塗装されている高耐久の製品です。

最低ノンメンテナンスで15年は、問題ないと考えています。

 

軒先に唐草という板金つけて張り始めます。

頭頂部にまで張ったら、反対側に屋根面を張ります。

 

最後は、頭頂部に棟の板金をして工事は完了です。

 

形が複雑な板金もきれいに出来上がりました。

 

屋根カバー工法After

工事は、1F、2Fの屋根を行い約2週間です。

屋根材の裏には、断熱材がついており、音の問題もありません。

お客様は、雨漏りがなくなった上、フレッシュした屋根に喜んでおられます。


大きな地図で見る
Copyright © Kaneko Kensetsu Co.,Ltd. All rights reserved.
Copyright © Kaneko Kensetsu Co.,Ltd. All rights reserved.